「肩甲骨回し」に要注意!

  1. アーサナ
  2. 53 view


「肩甲骨ヨガ」「肩甲骨回し」「肩甲骨はがし」など

テレビやメディアの影響もあって、

肩甲骨を動かすといいことがある!という考えは、

一般的になりましたね。


上手に動ければ、確かに肩こりが解消されたり、

色んな神経を刺激し血流もよくなるに違いないのですが、


気になるのは、スタジオで習った通り必死にやった結果、

「かえって肩こりがひどくなった」

「首や手足がしびれてきて、腕が上がらなくなった」という方が、

しばしば現れることです。


レッスンでやっている様子を見せていただくと、

歯を食いしばって首や肩に力を入れつつ、

肩甲骨だけを思いっきりぐりぐりと動かそうとしていたりします。


肩甲骨は腕と一緒に動きます。


そしてその腕は、頭や脊椎が動く動きについてくると

一番スムーズに動きます。


つまり、体は全体でつながっていて、

あんまり部分だけに気持ちを集中させてしまうと、

ほかのところは、かちかちに緊張したまま、

どこかで無理をするんですね。


まずは一息ついて深呼吸♪
すったり、吐いたりしている間に、

お尻やあし、肋骨などが動くこと、

それに腕が鎖骨から指先まで動き出したら、

頭や脊椎と一緒にひじを前から動かしていきましょう。


すると、きっと肩甲骨は自然に動きます。

呼吸と肋骨の動きに合わせれば、必死にやるより、きっと動きますよ♪

関連記事

腰痛と言えば腹筋、はホント?

「ガラスの腰」を持つ祥子です。最初に腰痛になったのは、高校一年生。1時間の授業で座っているのが辛く、休み時間の度に友達にマッサージしてもらってました。(…

  • 70 view

ATヨガ ことはじめ(道子編)

はじめまして。ATヨガの代表の道子です。ヨガ指導者になったばかりのころの私は、いつも悩んでいました。「一人一人生徒さんは違うのにどう伝えたらいいのか。」…

  • 78 view

チャトランガで手首が痛い時は?

チャトランガで手首や肩が痛い!人のための3つのポイントチャトランガで、「手首」が痛い、肩や鎖骨が痛い!というときの 改善方法についてポイントです。 …

  • 140 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。