レッスン料金の考え方、決め方

  1. ビジネス
  2. 108 view

今回はビジネス編です。
ヨガレッスンで収益を増やしたい方に向けて書いています。

ヨガ指導者の皆さんは、どのようにレッスン料金を決めているでしょうか?
料金を決める時、変更する時、悩みますよね?
悩んで悩んで、決められない、変えられない…という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、料金を決める際の考え方についてお話しします。

はじめに、私の経歴を少しお話ししておきます。
私は、リクルートという会社に新卒で入社し、最初の10年は営業・コンサルタントという仕事をしていました。
その10年間は、稼いだ金額で年収が決まるという仕事をしていました。しかも、人・組織に関するソリューションという形のないものを売っていました。

そして、退職後、目黒区大岡山に「ヨガサロンことは」をオープンし、現在は、個人サロンとして運営しています。
カタチのないものを提供するという点では、共通した部分があります。

さて。本題の料金を決める時に大事なことは何か?について。

ものすごくシンプルに言うと、

①自分が必要な金額にすれば良い。

です。

では、自分が必要な金額とは?

いろいろありますが、突き詰めるとこの2つかなと思います。

  • 経済的に回していけるだけの金額
    副業、家族構成、家族の収入、家賃の有無、必要経費の金額 などなど、人によって環境が異なりますので、実際いくら必要なのかも、人によって異なります。
  • 自分のやる気が持続する金額
    経済面とも関連はするものの、少し違いますよね。この金額だと、ずっとやれる、ずっとは無理だな…ということが直感的にあると思います。

大事なことは、上記の「自分が必要な金額とはどれぐらいなのか?」を決めておくことで、
「他のスタジオはこれぐらいだし…」
「安くしとかないと、生徒さんが来るかどうか不安…」
みたいな心配は、情報や考えるプロセスとしては必要ですが、優先順位としては低くなります。
逆に意思決定の場面では邪魔になることの方が多いのではないでしょうか。

心配なのであれば、
「必要な金額でお客さんが来てくれるようにするためにどうしたらいいか?」
を具体的に考えれば良いので。
(これを戦略といいます。戦略の具体的な立て方は、別途書きます。)

というわけで、500円でも、1万円でも、自分の必要な金額にすれば良いと思います。

ちなみにヨガサロンことはでは、現在、ドロップイン4,000円、1ヶ月5回チケット10,000円、プライベートレッスン12,000円〜で提供しています。

色々考えた結果、これがしっくりきたのですが、何を考えどうやって決めたかはまたどこかで。 

さて、必要な金額の次に大事なことは

②利益を基準に決める

です。

売上より利益だと思います。
本当は、投資も入れる必要がありますが、不動産を購入したり、大きなシステム投資が発生しないのであれば、投資は見なくて良いと思います。
(ちなみに、私は人件費も含めた原価管理の仕事もしていたので、お金には少々うるさい。笑)

売上-経費=利益なわけですが、

皆さんは、どこまでを経費と考えているでしょうか?

・スタジオレンタル代
・マットやプロップスなどの備品代
・チラシやHPなどの広告宣伝費
・移動にかかる交通費

主にはこれぐらいでしょうか?
これぐらいは皆さんも計算していると思います。(確定申告にも必要ですし。)

ですが、もう一つ、ものすごく大事なものがあります。

それは、

「自分の人件費」

です。

自分の時給をいくらぐらいと考えていますか?
平均した時に、その金額になっていますか?

それぐらいなら考えてます、という方も多いかもしれません。

では、間接工数についてはどれぐらい考慮できているでしょうか?

間接工数とは、私たちの場合はレッスン以外でかかっている工数のことをさします。

例えば、
・レッスンの準備や片付けにかかっている時間
・新しいレッスンやWSについて検討、準備をしている時間
・告知のためにSNSを書いている時間
・自宅からスタジオまで移動する時間
などなど…

これらの時間は、他のことはできない時間なので、仕事をしているということになります。

緻密に行う必要はありませんが、この辺りのことまで考慮して、レッスン料金を決めると、はじめに出てきた「自分のやる気が持続する金額」に自然に繋がっていきます。

料金設定で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

と言っても、
「この通りやってみて、もしお客さんが来なかったら…」
と不安になりますよね。
ですよねー。

なので、金額以外に決めること、決める時の考え方、また時間軸の置き方など、追々書いていきますね。

ちなみに、スタジオ・サロン経営のコンサルテーションもやっていますので、今お悩みの方は、お問い合わせください。

片方の手で宇宙と繋がり、もう片方はそろばんをはじいているShokoでした。

Shoko
ヨガサロンことは(目黒区大岡山 女性限定)
http://chakrayoga-kotoha.jp/

関連記事

「痛み」の捉え方、取り扱い方

ATヨガをやると「痛みが軽減する」もしくは「痛みがなくなる」といった現象がしばしば起きます。ちなみに私は、5年前、チャトランガでの肘の痛みが、その場で治った衝撃…

  • 88 view

腰痛と言えば腹筋、はホント?

「ガラスの腰」を持つ祥子です。最初に腰痛になったのは、高校一年生。1時間の授業で座っているのが辛く、休み時間の度に友達にマッサージしてもらってました。(…

  • 128 view

ATヨガ ことはじめ(祥子編)

初めまして。ATヨガのアシスタント・ティーチャーの三河祥子(みかわ しょうこ)です。日頃は、目黒区大岡山にて「ヨガサロンことは」という個人サロンを運営しています…

  • 193 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。